無垢の木と自然素材、ぬくもりのある家-株式会社仙台エアサイクル住建

自然との共生、愛着を持って長く住める家づくり。私たちは仙台の小さな工務店です

サイトメニューはこちら

企画住宅「べっぴんハウス」

自然素材を使った坪単価制の企画住宅

beppin_ttl_01.png「注文住宅は理想ですが、いくらお金がかかるか心配」「自然素材の家をシンプルに建てる方法はないの?」というご質問やご要望にお応えして、坪単価制の注文住宅「べっぴんハウス」をご用意しました。

「べっぴんハウス」は自然素材の内装メーカーであるアトピッコハウス㈱とのコラボレーション企画です。つまり、内装材は基本的にオールアトピッコハウス製品を使用します。

| 16年04月15日

べっぴんハウスを建てるには?

それでは、「べっぴんハウス」を建てる手順をご紹介します。

<STEP01 ファイナンシャルプランの検討>
いきなり現実的な話で恐縮ですが、家づくりのスタートは、お金の話からです。今の自分に、果たして「総額いくらまでの家づくり」が出来るのかを考えないとなりません。

住宅取得に廻せる予算は、通常、①貯蓄、②住宅ローンなどの借入れ、③親等からの援助、この3つしかありません。つまり、この総額が家づくりに使える予算のすべてということになるのです。

img_03.gif

①の貯蓄は、明確だと思いますし、③の親からの援助も、ある程度予測がつくかも知れません。しかし、②の借り入れに関しては、工夫次第で意外と変わってしまうのです。

つまり、今現在払っている家賃は、そのまま返済に当たられますし、毎月貯金していれば、それも加算できます。そして、住宅取得に当たって保険を見直せば、多くの場合、返済に充てられる費用が増えます。

また「家を持つ」という一大事業を行うのですから、毎月のお小遣い、外食費用を節約しても、返済に廻せる予算が増えます。しかし、将来の教育費、持ち家になることによる水道光熱費の増加、固定資産税など税金の増加等々、全ての収入と出費の変化を考えるべきなのです。

それで、総額いくらまでの家作りなら、無理がないかを考えてスタートすべきなのです。

img_04.gif

| 16年04月15日

お問い合わせ
022-374-1839
022-371-9616
家づくりに役立つ資料
forTOP