無垢の木と自然素材、ぬくもりのある家-株式会社仙台エアサイクル住建

自然との共生、愛着を持って長く住める家づくり。私たちは仙台の小さな工務店です

サイトメニューはこちら

木の家 施工例
施主さんと私たちが協力してつくりあげた、大切なお住まいです。

仙台市泉区 S様邸 思い出の欄間を再利用した自然素材の平屋住宅

S様との出会いは20113月。そう、東日本大震災の後です。会社の近くにお住まいでしたが、いままでご依頼はありませんでした。

瓦屋根の被害が著しく、屋根工事をご依頼されたのです。

無事に屋根工事は終了したのですが、4年後の20154月に「ちょっと家のことでご相談があって」とお声がけ頂き、建て替えというはこびになりました。

「あの~、お願いが一つあるんですが...」

控えめなお施主さんから家づくりの際に強くお願いされたこと

今までの家に使用していた「欄間」をどうしても再利用したいということでした。

ご親族と長く暮らした思い出を何か残したかったのですね。

家を建てるとき、人にはそれぞれ強い思いがあったりします。

お子さんのため、親のため、奥さんのため、旦那さんのため、、、さまざまです。

さて、今回はどんなお家ができたでしょうか。

リビングです。IMG_07103.jpg

自然の恵みを感じていただきたく、無垢の杉フローリングと天井の杉板をご提案させていただきました。

壁の内装は、高性能珪藻土「はいから小町」です。調湿性能がとても高いので、心地よく生活いただけるかな、と思っています。

リビングに隣接する和室です。IMG_07062.jpg

ご親戚などもよく集まるとお聞きしましたので、建具はフルオープンにできるようご提案させていただきました。

本棚及びちょっとした腰掛としても利用できる地袋を造作しました。そしてなにより「思い出の欄間」ですよね。

こちらの畳は、国産藁100%の畳床に熊本産の減農薬イグサを使用しています。壁の内装は布クロスとなっています。

台所です。IMG_0718.JPG

キッチンは人造大理石の品質が高いことで知られるトクラス製。

背面カウンターもトクラス製でそろえました。

「西日がきついので・・・」というお話で、窓は最小限にとどめさせていただきました。

その代わりといっては何ですが、台所前に自然の明るさを導き、しかも暑さは入れないようにと「スカイライトチューブ」を設置してみました。IMG_07142.jpg

外観です。P1020947.JPG

32坪と平屋では大きなお家ですが、かわいらしい色使いになっていますよね。

心地よくお住まいいただければ嬉しく思います。

| 16年09月04日

お問い合わせ
022-374-1839
022-371-9616
家づくりに役立つ資料
forTOP