メニュー

企画住宅「べっぴんハウス」

株式会社 仙台エアサイクル住建
  • TOP
  • 会社案内
  • アクセスマップ

企画住宅「べっぴんハウス」

自然素材を使った坪単価制の企画住宅

「注文住宅は理想ですが、いくらお金がかかるか心配」
「自然素材の家をシンプルに建てる方法はないの?」

というご質問やご要望にお応えして、
坪単価制の注文住宅「べっぴんハウス」をご用意しました。

「べっぴんハウス」は、超こだわりの自然素材の内装メーカーである
アトピッコハウス㈱とのコラボレーション企画です。
つまり、内装材は基本的にオールアトピッコハウス製品を使用します。

べっぴんハウスを建てるには?

それでは、「べっぴんハウス」を建てる手順をご紹介します。

STEP01 ファイナンシャルプランの検討

いきなり現実的な話で恐縮ですが、家づくりのスタートは、
お金の話からです。
今の自分に、果たして「総額いくらまでの家づくり」が
出来るのかを考えないとなりません。

住宅取得に廻せる予算は、通常、
①貯蓄、
②住宅ローンなどの借入れ、
③親等からの援助、
この3つしかありません。
つまり、この総額が家づくりに使える予算のすべて
ということになるのです。

①の貯蓄は、明確だと思いますし、③の親からの援助も、
ある程度予測がつくかも知れません。
しかし、②の借り入れに関しては、工夫次第で意外と変わってしまうのです。

つまり、今現在払っている家賃は、そのまま返済に当たられますし、
毎月貯金していれば、それも加算できます。
そして、住宅取得に当たって保険を見直せば、
多くの場合、返済に充てられる費用が増えます。

また「家を持つ」という一大事業を行うのですから、
毎月のお小遣い、外食費用を節約しても、返済に廻せる予算が増えます。
しかし、将来の教育費、持ち家になることによる
水道光熱費の増加、固定資産税など税金の増加等々、
全ての収入と出費の変化を考えるべきなのです。

それで、総額いくらまでの家作りなら、
無理がないかを考えてスタートすべきなのです。

STEP02 資金計画

家づくりの総額がハッキリしたら、つぎは予算の配分です。
坪単価いくらの家で、何坪にするのか? 
建物以外の費用は、どんなものがあって、いくらかかるのか? 
また通常、坪単価いくらという中には、
外構費用、家具、カーテン、照明器具などは含まれていないので、
それらの費用は、あといくらかかるのか?

そうしたことを考えないとなりません。

また、住宅ローン借り入れに当たって、
ローン手続き費用とか、建物の登記費用とかもかかります。
引っ越し代や仮住まいの費用が必要な場合もあります。

そして、土地がない場合は、土地代も必要になります。
よく土地のない人で失敗するのが、
「総額いくらまでの家づくり」が可能なのかといった
ファイナンシャルプランの見直しをするまえに、
「予算以上」の土地を購入してしまうケースです。

家が欲しい訳ですから、
まずどんな家で、何坪なのか? 
その他の費用はいくらかかるのか? 
総額の予算から、それらの費用を引いた残りが「土地予算」になる訳です。

その「土地予算」で、買える土地以上のものを先に買ってしまったら、
家は建たない。というのが、紛れもない事実なのです。

STEP03 サイズとグレードの検討

次にサイズとグレードを決めましょう。
「べっぴんハウス」は基本的に坪単価制ですから、
サイズとグレードを決めれば建物にかかる費用が決まります。

STEP04 設計申し込み、間取りの検討

大まかに費用が決定したら、設計のお申込みをいただきます。
決定したサイズの中で、ご家族の希望を取り入れた間取りを作成します。
その際、「絶対叶えたい希望」を2つに絞ってみてください。
つまり、優先順位を決定して、予算の許す範囲で、
叶えられる希望の範囲を拡大していくのです。

STEP05 個別仕様変更

「べっぴんハウス」のグレードは決めたものの、
「どうしてもこの部分は叶えたい!」という希望は出てきますよね。

ですからこの段階で個別の仕様変更を行います。
ご希望を叶えた家づくりの総額でいくらになるか、
それをはっきりさせるようにいたします。

STEP06 やっと土地探し

家づくりを、土地探しからスタートされる方は、
この段階になってから、土地探しをすべきだと当社は考えています。
つまり、ほとんどの方が、土地が欲しい訳ではなく、
家が欲しい筈ですから、欲しい家、自分に建てられる家が明確になってから、
土地探しをすべきだと思うのです。

皆さん、掘り出し物の土地をお探しになっていますが、
現実的に「そんなラッキー」は、よほどのことがないと、ありません。
駅から近くて、日当たりもいいし、広さもそこそこ、それでいて安い。
そんな土地はないのです。

賃貸住宅は、大抵、交通の便利がいい。

しかし、「買える土地」となると、自分の所有物になる代わりに、
駅から多少遠かったり、職場から遠くなったり、
それほど広くなかったりと、何かを我慢せざるを得ないのです。
これが現実です。

土地が暴落して、掘り出し物が出てくるということもないと思います。
時期を待てば、いい物件が出てくるということも、
それほど大きく期待できないと思います。

我々プロが探しても、「掘り出し物」には、
しょっちゅう出会うことはないのです。

そこで、当社は、プロの我々が知りうる「土地の探し方」を、
全てお客様にお教えしています。
そして、今現在流通している全ての土地情報を
ご提供することを信条にしています。
というのも、全ての土地情報の中で、
「納得」して頂けるものがあるかないかを
ご検討頂きたいと思っているからなのです。

そして、第2ステップで計算した予算の範囲内の
土地を探して頂きたいと思っているのです。

決めた土地の形状、方位などによって、
第4ステップで考えていた建物が敷地に入らないとか、
部屋の位置を変更した方がいいということが起こっても、
この段階では、それほど難しい作業ではありません。

選ばれた土地に合うように間取りを変更すれば、
建物の予算もオーバーすることなく、
総額予算の中に納まる家づくりが出来るのです。

いずれにしても、まずは「無料相談会」でいろいろお考えを聞かせてください。
自然素材の企画住宅「べっぴんハウス」
ご関心がある方はぜひ資料をご請求くださいね。

株式会社エアサイクル住建
お問い合わせはこちら
無料相談のお問い合わせはこちら
無料相談のお問い合わせはこちら