外断熱の健康住宅 【健=人+建】 仙台・宮城 自然素材の家づくり

人と建物の健康を考える仙台の工務店からお知らせ。自然素材の家づくりとエコなくらしを楽しみましょう。

サイトメニューはこちら

住まいと健康

雨の季節の物干しはどこで?

今日は朝から雨です。どうやら今週は雨が続きそうです。
入梅なので仕方ありませんが、、、。
こんなとき、主婦の皆様のお悩み事の一つが
「洗濯物どうしようかしら~、、、」ではないでしょうか?

家を建てる際、物干しスペースも考えてみる
雨天だからという理由だけでなく、
花粉症だったり、ご夫婦共働きで日中は誰もいないので、
という理由で、室内に物干しをする方は少なくありません。

ただ、、、洗濯物をお部屋の中に干したときの悩みといえば、
部屋干し臭がしてしまうこと。

せっかくきれいに洗ったのに、
毎日着る衣類や使うタオルが生臭くなってしまうなんてこと、
良くありますよね。
特に梅雨の時期など、
雨が続くとどうしても部屋の中に干し物をしなければならなくって......。

そういったことから室内干しのスペースを
予め用意したいといわれることが少なくありません。

室内で区切れる独立スペース
こちらの写真の方は、バルコニーの手前に室内物干しスペースを設置しました。
建具で仕切って独立させられる形です。
※屋内で除湿機をかけてもらいます。
せっかくなので、壁は調湿性の高い素材を使ってみました。
この形状ですと、晴れの日だったとしても、
バルコニーに干しきれない洗濯物のスペースになりますし、
乾いた洗濯物やちょっと乾き足りない洗濯物を取り込んで、
仮置きスペースにするとしても便利です。
途中で雨が上がった場合、日光が届くかもしれませんので、
そのあたりも配置的には有効ですよね。
※写真をよくみていただくと、天井からホスクリーン(物干し竿を通す器具)がついているのが見えると思います。

P1090175.JPG

| コメント (0) | 17年07月03日

資金・ローン・税金

住宅ローンにつける生命保険

住宅ローン専用の生命保険
住宅ローンを借りる際、
万が一に備えて団体信用生命保険(団信)をつけることはよく知られています。
通常、銀行ローンの場合は団信の保険料が金利に含まれていますが、
健康上の理由その他で団信がつけられない場合は
ローンを組めないことが基本になっています。

ただし、フラット35の場合は団信に加入するのがローンの条件とはなっていません。
そのようなことからかフラット35では団信保険料は別払いが必要となっています。

フラット35の団信取扱いが変わります
さて、このたび平成29年10月からは、
フラット35と団信がセットのプランが出るようです。
(その分、金利が少し上がります)
なお、団信加入はローン承認の条件にはならないようで、
団信に加入しない場合は、借入金利が0.2%低くなるようです。

どちらにしても賢くご利用を
ちなみに、フラット35の団信は保障内容もこれまでより充実されるようです。
平成29年9月までにお申込みの方がこの制度を利用する場合は、
改めて申込み・審査が必要との事ですのでご注意くださいね

| コメント (0) | 17年07月02日

住まいと健康

今年度の補助金事業がスタートします。

IMG_0876.JPG地域型住宅グリーン化事業(補助金がもらえる)の概要資料が送られてきました。
今年度は募集開始が遅れていましたので、ちょっと心配でしたが、、、。

事業の種類は5つです。
①長寿命型(長期優良住宅) 上限100万円/戸
②高度省エネ型(認定低炭素住宅)上限100万円/戸
③高度省エネ型(性能向上計画認定)上限100万円/戸
④高度省エネ型(ゼロ・エネルギー住宅)上限165万円/戸
⑤優良建築物型(低炭素建築物、BELS等一定の要件を満たした非住宅)1万円/㎡(床面積)で上限1000万円

当社で利用してきたのは①の超寿命型です。
ただ、この補助事業、「地域型住宅グリーン化事業」として実施するのは、今年度が最後になるようです。
名称が変わって同様の補助金は出るかもしれませんが、傾向としてはさらに断熱強化の流れになるようです。

「断熱強化」そのものはいいと思いますが、それに加えて 日射取得、日射遮蔽や風通しまで考えて、暮らしやすい家づくりを推進する方向性になってほしいと思いますけどね。

本日もブログをご覧頂き、ありがとうございます。
心地よく暮らせる家づくりをお勧めする㈱仙台エアサイクル住建の柏倉勉でした。

| コメント (0) | 17年06月20日

ひとりごと

フローリングの保護はどうしてる?

標準的に無垢のフローリングにしています
当社では、フローリングに無垢の木を使用しています。P1000205.JPG
特に多いのが、ヒノキ、杉、ナラといったあたりで、通常は国産材になります。

ヒノキや杉は、針葉樹といって空気を多く含むので肌触りがとてもよく、温かみを感じます。素足で歩くのにはとてもいいです。
ナラは広葉樹で、堅い木です。堅い為にヒノキや杉と比べるとやや冷たく感じますが、車椅子を利用したり、キャスター付の椅子を使われる方などには適していると思います。
どちらにしても本物の木なので、表面に傷がついても剥がれてみっともなくなることなく、年を重ねるごとに豊かさが増してきます。

そのようにだんだん雰囲気がよくなってくる無垢材ですが、木そのものでなく、きちんと保護するための対策として、仕上げにはWAXをかけます。

WAXで木が呼吸できなくなる?
たまに「WAXすると、無垢の風合いがなくなりませんか?」とご心配されることがありますが、一般的に想像されるWAXではなく、木の表面に少し油をしみこませるような感じですので、無垢材の肌触りには悪影響がありません。

さて、そしてこのWAX。成分としては亜麻仁油などが含まれます。

ちなみに、人の健康にも役立つ油です。
亜麻仁油・・・というと、健康のためにも重要なんですよね。
亜麻仁油は オメガ3という脂肪酸を含みます。青魚に含まれるDHA・EPAや、えごまに含まれるαリノレン酸は、オメガ3に分類される脂肪酸で、この脂肪酸は細胞が正しく機能するためには不可欠なものであることがわかってきました。

そう考えると、とっても安心できませんか? もちろん無垢材の栄養になっているというわけではありませんけどね。。。

家も住む人も健康でいられる・・・大切なことですよね。

| コメント (0) | 17年06月15日

住まいと健康

木のマンションリノベーション

「マンションはいわば鉄筋コンクリートの箱。無機質な箱の中に住むのなら、せめて内装は自然なものを使わないと気持ち悪くないだろうか」

こういった思いからスタートしたのが、木のマンションリノベーションです。
戸建て住宅を中心に、自然素材を使った家づくりを進めてきた当社ですが、
少しずつマンションにお住まいの方からもご依頼が出てまいりました。完成イメージ.jpg最も気をつけなければいけない「遮音」
戸建て住宅と違って、マンションの場合は「遮音」には
特に気をつけなければいけません。
マンションの場合、それぞれに管理規定等があり、
床の遮音レベルについての規定があることが多くなっているようです。
ですから、自然素材でリノベーションを行う場合、
当然無垢のフローリングを使いますので、
最も気をつけなければいけないのがここなんですよね。
中にはフローリングそのものが「ダメ」という厳しいマンションもありますので、
その場合はあきらめるしかないのですが、、、

万全な対策を取りたいので「乾式二重床」
さて、床をフローリングにする場合、
遮音マットや防音フローリングの上に無垢材が張られることがあります。
しかしながら、これは万能ではないようです。
実際の試験結果によると、
防音マット単独や防音フローリング単独では確かに遮音レベルが取れているのですが、
上に無垢材を重ねるととたんに遮音レベルが落ちるというデータも出ています。 
つまり、大丈夫だと思ったがクレームが発生という
とっても怖いケースになることも考えられます。

実際のところ、知合いの設計事務所には、次のようなご質問がよせられています。

こんにちは。
ひとつ、質問をさせてください。
現在、中古のマンションを購入して
無垢の床材を敷きたいと検討中です。

が、先日知人から以下のような話を聞きました。

『築10年の鉄筋コンクリートマンションの5Fを購入し
既存のL-45合板フローリングの上から無垢の床材を貼った。
が、リフォーム後階下の住人から繰り返し激しい苦情が出ている。
階下の住人はリフォームのせいだと言っている』

というものです。

無垢材の床を貼ったことによって
生活音がより響くようになったというようなことは有り得るのでしょうか。

生活し始めて、再度床を直すなんてとんでもなく大変ですから、
こういった事態は避けたいですよね。

| コメント (0) | 17年06月13日

自然との共生、愛着を持って長く住める家づくり。私たちは仙台の小さな工務店です

株式会社仙台エアサイクル住建

友達に「暖かい、涼しい」と言われる

2014年にお引渡しをしたお客様からご感想を頂きました。 ○もっとこうすれば良かったという点・収納スペースをもっと増やせばよかった。・ピアノを置く場所を考えればよかった。・最初から太陽光発電、自転車置...

仙台市泉区で家づくりに携わる一級建築士。工務店の代表をしています。お客さんのこだわりを実現することが私たちのミッションです。

設計と現場日誌

土地建物の相続と住宅

10年前のブログ記事を振り返っていたら、 住宅の建て替えに絡んでいろいろと手続きが必要だったお客様のことを思い出しました。最近も「親の家をリフォームしたい」とか「親が住んでいた家を建て替え」などという...
お問い合わせ
022-374-1839
022-371-9616
家づくりに役立つ資料
forTOP