メニュー

健康住宅とは・・・

株式会社 仙台エアサイクル住建
  • TOP
  • 会社案内
  • アクセスマップ

外断熱の健康住宅【健=人+建】

健康住宅とは・・・

2017年11月19日

「健康住宅」

とてもいい響きです。
現在は、いろいろな会社が使用しています。
ところで、「健康住宅」って何なのでしょう?
 
 自然素材の家だから「健康住宅」?
 低ホルの建材をつかったから「健康住宅」? 
 マイナスイオンが出るから「健康住宅」?  
 健康住宅って結局なんなの? 
と思いませんか?

実は「健康住宅とは○○である」といった定義はありません。
結構あいまいな概念なのです。

なぜこのようなことが言えるかというと、
おそらく「健康住宅」という言葉を日本で最初に使ったのは、
パッシブエアサイクル工法の開発元なんです。
1982年に「健康住宅宣言」を行い、ずっと広告やセミナーで使い続けています。
※ちなみに当社は1985年(昭和60年)の会社設立時から
「健康住宅」という言葉を使用しています。
ですから少なくとも仙台では最も早く、
しかも継続している会社だと思います。
(だから何だ、とも思いますが、、、)

■1982当時の「健康住宅」の概念は■
では当時の「健康住宅」という言葉は、どのような考えから出てきたのか?

日本の家はもともと「夏を旨とすべし」と言われるように、
風通しがよく、湿気がこもらないつくりでした。
ただ、夏はいいのですが、その反面冬が厳しい。。。
それに対し、オイルショック(ピークは1980年)を契機に、
住宅も省エネの機運が高まります。
そう、ここから断熱材がどんどん普及していきます。

ところが、当時は断熱施工に関しての知識が浅く、
「断熱材を詰めればいいんだろう」程度の考えだったそうです。
そのため、湿気が抜けにくく、結露を助長し、
床が抜け落ちる、骨組みが腐る、カビが増える、
シロアリ被害を受けやすくなる
といった住宅を蝕む事故が増えてきます。
さらに当時の健康被害としては、湿気がこもることでのカビやダニの発生に
対するアレルギーが多かったんですよね。

それに対して、外張り断熱と通気工法の併用により、
木材を”流れる空気”に触れさせ、「木造住宅を腐らせない」と
建物の健康性「耐久性」を追求しました。

人の健康については、建物全体の温度差を減らし、湿気対策を行うことで、
カビやダニアレルギー対策、ヒートショック対策を行う「身体の健康」に配慮し、
間取りを含め、家族のふれあいを考えた「こころの健康」を考えてきました。
(当時からリビング階段やリビング吹抜け、個室をつくり過ぎない広がりのある間取り)
なお、こころの健康を考えた間取りを考えることで結果的に、
建物の「耐用性」が増すことにもつながりました。

それを一言で表すと、 健康住宅とは 「健=人+建」
人も建物も健康であることを意味します。

■最近目にする「健康住宅」の内容は■
さて、それからしばらくして、建物の断熱・気密がどんどん進んできます。
ここで問題になったのが、建材の化学物質。シックハウス問題です。
そして法律が改正され、24時間換気と建材の化学物質規制が行われます。
この辺りから「健康住宅」という言葉をチラシなどで多く見かけるようになりました。

新建材において安全性が少し高くなった「低ホル建材」、
無垢の木や塗り壁などの「自然素材」
それらを使用しただけで「健康住宅」が使われているのが多いのかな、と感じます。

■「健康住宅」に関心を持ったならぜひ大事にして欲しいこと■
もちろん、肌に触れる内装材などに安全性が高いものを
使用することは大切です。

当社としても、シックハウス規制がかかる前から
無垢の木と自然素材を多用した家づくりをしています。
ただ、その部分だけでなく、
 「健=人+建」 
人も建物も両方が健康でいられる。
建物が長持ちする、長く住み続けられる
ということをとっても大事な事だと考えています。
「健=人+建」 という、この考え方。
これから家を建てる方には、ぜひ参考にして欲しい!と思います。
(もちろん、当社へのご相談も喜んで承ります)

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。
「長く住めて、長くおつきあいできる 本物素材の家」をお勧めする
㈱仙台エアサイクル住建の柏倉勉でした。

株式会社エアサイクル住建
お問い合わせはこちら
無料相談のお問い合わせはこちら
無料相談のお問い合わせはこちら