メニュー

心の健康

株式会社 仙台エアサイクル住建
TOP
  • 資料請求
  • お問合せ

外断熱の健康住宅【健=人+建】

心の健康

2005年05月09日
昨日は母の日でした。

日頃お世話になっているお母さんに
感謝の気持ちを持っている方はこちらをクリック 
→ 「いつもありがとう」 
(私からは、みなさんにありがとう!)
 
 
家に帰ると子供達が待っていました。
 
(耳元で)「買い物に行くよ・・・」
 
(私)「で、何を買うの?」
 
(子達)「ビール。ママ好きだから・・・」
※この買物は子供達のお小遣いでまかなっております。
 
まずビールを買い、その後ケーキ屋さんによりました。
 
(長女)「ママはチーズケーキが好きだから、チーズケーキを2個」
 
(長男)「ママには苺ショート、僕はチョコレート」
 
(私)「パパのは・・・?」
 
(子達)「え?今日、母の日だから・・・」 (仕方なく自分で買いました。)
 ※ちなみに私も「カーネーション」は買いましたので・・・ 
 
さて、今更ながらですが、私のブログのタイトル
【健=人+建】についてです。
 
これって当社が建てているパッシブエアサイクル住宅
の開発元が考えたものなんですが、
健康に暮らすためには、人の健康(からだと心)、
建物の健康(耐久性、耐用性)が大切だという意味です。
 

最近、体もそうですが、心が病んでいると思われる事件が多いです。

「欠陥住宅を造らない会」の菅原さんのブログに、
ブログランキングトップの中里さんがこのようにコメントしていました。
 
「先日のJR西日本での事故の後に線路に
石を置く輩が増えていると新聞にありました。
こういう狭い了見の人間は
やはり家庭環境から来るのでしょうね。

その一旦を担っているのが、我々工務店。
しっかりした考えを持って家づくり
をすることは以前にも増して必要になっていますね」
 
私も同感です。でも子を持つ親として、
それ以外にも気をつけたいな、
と思うことがあります。
(ある詩を引用します:ちょっと長くなります)
 
<子は親の鏡>
 
けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
 
とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
 
不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
 
「かわいそうな子だ」といって育てると、子どもはみじめな気持ちになる
 
子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子どもになる
 
親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる
 
叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう
 
励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる
 
広い心で接すれば、キレる子にはならない
 
誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ
 
愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ
 
認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる
 
見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる
 
分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ
 
親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る
 
子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ
 
やさしく、思いやりを持って育てれば、子どもは、やさしい子に育つ
 
守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ
 
和気あいあいとした家庭で育てば、
こどもは、この世の中はいいところだと思えるようになる
 
みなさん、子どもが、この世の中はいいところだ
と思えるように頑張りましょう!
(自分を戒めつつ・・・)
 
なるほど、と納得いただいた方はクリック願います。
 
株式会社エアサイクル住建
お問い合わせはこちら
資料請求ははこちら
資料請求はこちら