メニュー

サンタさんはどこから?

株式会社 仙台エアサイクル住建
TOP
  • お問合せ・資料請求
  • 無料相談会予約

外断熱の健康住宅【健=人+建】

サンタさんはどこから?

2017年12月12日

年末ですね。今朝は窓を開けたら、
屋根にはうっすらと雪が積もっていました。

街はもうクリスマス一色でしょうか。
(郊外にいるので、あまりわかりません)

この季節、玄関にはリースを飾る
おしゃれな家が増えますね。

Xmasイルミネーションなどを飾る
お金持ちの家も増えますね。
(私は、目を楽しませていただく専門ですが)

そろそろクリスマス・・・お子さんへのプレゼント、
悩みますよね。

幸い、私の子供は
プレゼントを欲しがる年代ではなくなりました。
(妻は欲しがりますが、聞こえない振りをします)

 

さて、プレゼントといえば「サンタさん」
サンタさんといえば、「煙突」ですね。

実際、この時期に家づくりの打合せを
していると、お子さんが心配そうに
尋ねてくることがあります。

「煙突は・・・あるんですか?」
(ははぁ、あのことだな。)

そのお家に薪ストーブを設置するなど、本当に
煙突をつける場合はいいのですが、
煙突をつけるのでないときは、このように答えていました。

「ちっちゃな煙突・・・みたいなものをつけるから、
 サンタさんは入れると思うよ。心配しないでね。」

(するとお子さん、安心した表情になります)

(パッシブエアサイクルの家は、夏に熱気を抜くために、
 屋根のてっぺんに越屋根換気口をつけています)

 

たまたま今朝はTV番組で、
煙突がある家を探して、暖炉(薪ストーブ等)を
見せていただくコーナーがありました。
(どこの局かは忘れました)

薪ストーブ、あったかいですよね。
不精な私には、少しハードルが高いですが・・・。
(ここも見る専門か、、、)

当社のお客さんでも、新築する際に導入したり、
あとからリフォームで設置したりする方がいます。

現在は、オール電化の家も多いですから、

「火を見たことがない」

という、子供がいるそうで、

「火を見せたい」
「火の使い方を教えたい」

という理由で、薪ストーブを設置する場合もあるようです。
(火を使ったことがないという事で、会社の芋煮会に
 ご参加いただいた家族もいらっしゃいました)

また、「火を眺めているだけで落ち着く」
という方もいらっしゃいますよね。

暖炉とロッキングチェア、ひざ掛けと居眠り・・・
その部分だけは憧れます。

その薪ストーブですが、実際に導入するにあたっては、
床の保護や、防火のために安全な離れをとったり、
煙突のプラニング等、間取りに影響を及ぼすことが
あるので、事前にご希望をお聞きしたいところです。

また、燃料となる端材などはプレゼントできますが、
家づくりでよく使用する杉などの針葉樹は燃えるのが早く、
あまり適したものではないんですよね。

定期的に煙突掃除なども必要ですので、
その辺りも含めて、薪ストーブを楽しんでいただけたら
と思います。

 

さてさて、お子さんの話に戻ります。

煙突については安心していただいたのですが、
続いての心配が出てきました。

お客さんと一緒に施工事例写真を見ていたら、

 

「え? 木の家なの?(心配そうな顔)」

ムム・・・「今度は三匹のこぶた」だな?

(ということは、レンガの家がいいんだよね、、、)

でも大丈夫。二番目のこぶたが作ったのは「木の枝の家」だよ。

風で吹き飛ばないよう丈夫につくるからね!

 

ちなみに、そのお家はお引越し後、ご近所のお子さんから
「わ~、木のお家だ、木のお家だ」と珍しそうに、
しかもワクワクした雰囲気で言われているそうです。

無垢の木が見える家って、まだまだ少ないですからね。。。

 

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

対話とぬくもりを大切に、
快適に住める家づくりをお勧めする
㈱仙台エアサイクル住建の柏倉勉でした。

株式会社エアサイクル住建
お問い合わせはこちら
無料相談のお問い合わせはこちら
無料相談のお問い合わせはこちら