メニュー

坪単価の呪縛

株式会社 仙台エアサイクル住建
TOP
  • 資料請求
  • お問合せ

外断熱の健康住宅【健=人+建】

坪単価の呪縛

2019年01月12日

本日は丸一日夢メッセにて「住宅リフォームフェア」に参加してきました。
先日も書きましたが、関連会社メルクマールが推進する 注文住宅の新プロジェクト 「SIMPLE NOTE」のPRです。

何名かのお客さんとお話させて頂きましたが、
そのときの数名から出た言葉
「坪単価はどれくらいなんですか?」

質問したいお気持ちは分かるのですが、「坪単価」というのは、
相当曖昧でいい加減な指標なんです。

「坪単価」ってなんでしょう?

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。
心地よく暮らせる家づくりをお手伝いする地場工務店・
㈱仙台エアサイクル住建の柏倉勉です。

さて、「坪単価」というのは、
相当曖昧でいい加減な指標だといいました。

というのも、全く同じ建物でも、安く伝えたいと思えば、
安く伝えることができますし、
逆に、バカ正直に高く伝えることもできるからです。

ですから表面的な価格に惑わされず、公正な判断をするためにも、
あなた自身が、坪単価がどのように成り立っているのか?について
最低限の知識をつけておくことが、非常に大切になってきます。

一般に考えられている「坪単価」とは?

一般に考えられている「坪単価」というのは、
おそらく 工事金額÷床面積(坪)ですよね?

つまり、仮に工事金額を消費税込みで1800万円、床面積が30坪だった場合、
あなたから“坪単価いくらですか?”と聞かれたとしたら、
バカ正直に(1800万円÷30坪=)“60万円ぐらいですね”と答えます。

ですが、この質問に対しては、いくつかの答え方があります。

実は全ての住宅会社が、必ずしも延床面積で除しているわけではなく、
総施工面積で除して坪単価を割り出している場合があります。

総施工面積というのは、玄関ポーチ(外玄関)や中庭、吹抜け、
それからベランダや小屋裏収納、ロフトといった
延床面積に入っていない部分を合算した面積のことなのですが、

これらを全て合算すると、約4坪くらい面積が広がることがあります。

つまり、もしこの坪単価を延床面積ではなく、総施工面積で除したとしたら、
1800万円÷(30坪+4坪=34坪)=約53万円ということになるのです。

たったこれだけで、坪単価は、なんと!?7万円も安くなってしまうことになります。

ずいぶんと価格に対する感じ方が違ってきますよね?

例えば、1800万円の消費税は約134万円なので、
消費税を含まないで坪単価を計算してみると、
(1800万円―134万円=)1666万円÷30坪=約55.5万円となり、
坪単価が約4.5万円も安くなります。
(それよりも、冷静に考えてみると、消費税だけで坪単価が
4.5万円もアップすることに驚きませんか?)

さらに、先程お伝えさせていただいたテクニックを使い、
延床面積じゃなく総施工面積でこの価格を除したとすれば、
1666万円÷34坪=約49万円となるので、一気に坪単価が11万円も安くなり、
ものすごく価格に対する感じ方が違ってくることになります。

ですから、この2つのテクニック?を使うだけでも、
“あれっ?この会社安いかも?”というイメージ
(実際のところは錯覚なんですが・・)を、
あなたの頭の中に刷り込むことが出来るようになります。

どこまでの工事が含まれる?

坪単価の中に、一体どこまでの工事が含まれているのか?ということも、
実は住宅会社によって全く違ってくるものです。

付帯工事には、設計費用(地盤調査&保証費用含む)、照明器具費用、
カーテン費用、屋外給排水費用、仮設工事費用、工事監理費用
といった項目があるのですが、
もし仮に、この1800万円からこれらの費用をなくした場合、
またグッと単価を安く見せることができてしまうのです。

規模によっても「単価」は大きくぶれます

また、住宅の規模によっても「坪単価」は大きくぶれます。

例えばあなたが40坪の家を建てるとしましょう。
もちろん、キッチン、お風呂、トイレ、洗面台、
給湯器などは必要ですよね。
水道の給水、排水工事だって必要です。

そしてこの家の「坪単価」が50万だったとしましょう。

すると工事金額は、50万円×40坪=2000万円となります。

ところが、これでは予算が厳しいので、床面積を20坪に減らしたとします。

単純に考えれば、50万円×20坪=1000万円ですよね?

でも、こうはなりません。

住宅の面積が半分になっても、キッチンの大きさや金額は半分になりません。
お風呂の大きさや金額も半分になりません。
洗面台や給湯器だって同じですよね。

となれば、、、「単価」ってどんな意味があるんでしょう?

では、今回どのようにお答えしたのか

「坪単価」というのは、非常にいい加減な指標ですので、それではなく、
あくまでも家を建てる総額の全体計画をすることがスタートです。

その上で、予算内に抑えつつ、納得ができる家づくりを煮詰めていくことが大切だと思いますよ。ただ、家にばかりお金を費やすのは間違っていると思います。あくまでもその後の生活をきちんと考えて計画するべきだと思いますよ。

といった感じでした。

すでに出来上がった商品としての「モノ」がないので、
どうしても曖昧な言い方にならざるを得ないところはありますが、
信頼関係を構築しながら、進めるのが家づくりだと思います。

無料で、資料・役立つ小冊子を差し上げます

仙台エアサイクル住建は、自然素材を使った注文住宅の新築と
リフォームを行う会社です。

自然素材を使った注文住宅をお考えの方には、
無料の資料と役立つ小冊子を差し上げています。

 

資料・小冊子のご請求は、こちらです

 

 

 

 

現在、夢メッセでPRしている
SIMPLE NOTEに少しでもご関心を持たれたならば、
こちらのサイト(シンプルノート)もご覧になってみてください。

明日も夢メッセでお待ちしています。

株式会社エアサイクル住建
お問い合わせはこちら
資料請求ははこちら
資料請求はこちら