メニュー

トランス脂肪酸、使用禁止

株式会社 仙台エアサイクル住建
TOP
  • 資料請求
  • お問合せ

外断熱の健康住宅【健=人+建】

トランス脂肪酸、使用禁止

2007年07月02日

外食産業でトランス脂肪酸(TFA)の使用を事実上禁止する条例が1日、ニューヨーク市で施行されました。米自治体では初の試みだそうです。
以前にこのブログでもご紹介しましたが、TFAは動脈硬化などの危険を高めるとされ、多くのレストランでは施行を待たずに代替品への切り替えを進めていたそうです。
条例は昨年12月に可決。揚げ物用の油などに含まれるTFAを1食当たり0.5グラム未満に抑えるよう義務付けています。来年7月にはすべての食品に同様の基準を適用するそうです。
TFAは、体内では代謝されず、アレルギー症状・神経系の症状を悪化させ、心臓病や糖尿病などの発生を高めるとも言われています。
そもそもTFAというのは、自然界には存在しない脂肪酸です。人間が勝手につくって自分の首を絞めている、というのはどうなんでしょう???(売れればイイわけ?)
ちなみに、どんな油脂食品に含まれているかというと、、、
マーガリン、ファットスプレッド、クッキーやケーキなどショートニングが含まれる食品、卵を使用していないマヨネーズなど、
エコナ油
市販大豆油、米油、コーン油、ナタネ油、綿実油
揚げ物、フライ類、油で揚げたスナック菓子類、揚げ煎餅、クッキー、冷凍食品、アイスクリーム、レトルトカレー、コーヒー用ミルク、チョコレート
等々・・・・・・
子供達が好きそうなものにたっぷり含まれているんですよね・・・。
日本でも何とかならんかね、、、、、、、、、、、、。


   
最後に こちら↓を押してくださいね。
★人気ブログランキング投票★

株式会社エアサイクル住建
お問い合わせはこちら
資料請求ははこちら
資料請求はこちら