メニュー

広い家は必要ですか?

株式会社 仙台エアサイクル住建
TOP
  • 資料請求
  • お問合せ

外断熱の健康住宅【健=人+建】

広い家は必要ですか?

2011年03月03日

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
仙台で自然素材・無垢材の家づくりとリフォームをお勧めする㈱仙台エアサイクル住建の柏倉勉です。
身の丈に合った予算を組むことはもちろん大事ですが、その予算内で基本性能が高く、その性能が維持しやすい家を建てるようにしましょう。では、限られた予算をどう活かすか…広い家にして安い素材を使うよりも、コンパクトでもよい素材を使ってしっかりした長く住み続けられる家を選択することがおススメです。
ややコンパクトな家だとしても、家族の成長に合わせて、変化できる間取りにすればよいのです。高気密高断熱の家ならばオープンな間取りにできるので、廊下などのデッドスペースを減らし広く使える家ができます。そのような家にすれば、子どもが小さい時期、子どもが個室を欲しがる時期、やがて子どもが巣立って夫婦二人に戻る時期、のように家族の変化に応じてフレキシブルに変化して使いこなしていけます。経済的にゆとりができたら、性能のよい元の家を活かした増築もできますし、それなら建て替えよりもずっと少ない資金で実現できますね。
しかし、素材はそうはいきません。最初に安いものを使っておいてやがて年月が経って少しゆとりができたから素材だけ取り替えるということはできません。それはすなわち建て替えということになってしまい、もう一度家を建てるという莫大な資金が必要となるのです。
ですから、同じ予算なら広さよりも素材重視の家づくりを選ぶと、老後になっても建て替えがいらず、老後資金への不安材料が少なくなるといえましょう。

株式会社エアサイクル住建
お問い合わせはこちら
資料請求ははこちら
資料請求はこちら