メニュー

指針8項目

株式会社 仙台エアサイクル住建
TOP
  • 資料請求
  • お問合せ

外断熱の健康住宅【健=人+建】

指針8項目

2005年06月06日
シックハウスに関することだと思われた方、
ごめんなさい。
国立がんセンターによるがん予防への8項目の指針です。
 
せっかく発表されたので見てみましょう。
 
①禁煙
「がんになる確率を3分の2に減らせる。
    最も確実ながん予防法」として推奨。
吸わない人には、他人の煙を吸い込む
受動喫煙の危険性を警告した。
(そうです。シックハウス対策としても
 「禁煙」は大切!どんなに健康素材に留意しても、
 喫煙をしてはまるで意味なし!)
 
②飲酒
「適度」で、具体的には
「日本酒換算で一日一合(ビールで大瓶一本)以内」。
(ちょっと安心しました。「適度」ですね。
 そう言えばアルコールは酸化すると
 「アルデヒド」になりますもんね
  ←そればっかりが理由じゃないんでしょうが。)
 
③野菜・果物
一日に少なくとも400グラム取るようにする。
(いまいち認識できません。栄養士の妻に聞いてみます)
 
④塩分
胃がんのリスクとなる可能性が高い
塩分の摂取は一日10グラム未満にする。
(これもよく分かりませんが、
 塩分は控えめということですね)
 
⑤熱い飲食物
最小限にする。
(なぜ???理由がよく分かりませんが・・・)
⑥運動
毎日合計60分程度の歩行など
適度な運動が必要で、週に一回程度は
汗をかく激しい運動が必要。
(け、結構大変かな・・・。
 あっ、現場の手伝いをすれば良いのかな?)
 
⑦体重
成人期での体重を維持する。
(・・・。が、がんばります )
 
⑧肝臓がんの予防
B型やC型の肝炎ウイルスの感染に注意し、
感染者は治療することが重要とした。
 
これらの予防法を実践する上の注意点は、
特定の栄養素をとりすぎると逆に
体に悪影響を与える可能性があること

特に栄養補助剤(サプリメント)
の服用は注意が必要
としている。
 
はい、私の友人でもサプリメントを
多数服用している人がいます。ちょっと心配ですね・・・。
(やはり、過ぎたるは及ばざるがごとし、ですね。)
米ハーバード大の1996年の推計によると、
米国人のがん死亡者の発症原因は、
食事とたばこが、ともに30%で最多
運動不足(5%)、飲酒(3%)と合わせ、
生活習慣が68%に上った。
以上です。 
 
せっかくの機会ですので、
みなさん健康に留意しましょう。
(くれぐれも、ムリのない範囲でね)
 
 
今日もお読みいただきありがとうございました。
明日は地鎮祭とお引き渡しです。 
応援のクリックをお願いいたします。
 
    (ありがとうございます) 
 
 
株式会社エアサイクル住建
お問い合わせはこちら
資料請求ははこちら
資料請求はこちら