メニュー

たばこ増税と児童手当

株式会社 仙台エアサイクル住建
TOP
  • 資料請求
  • お問合せ

外断熱の健康住宅【健=人+建】

たばこ増税と児童手当

2005年12月16日

児童手当が拡充され、支給対象者が小学6年生までとなります。


現在、小学3年生の子供がいる私にとってはありがたいです。


ただ、、、この財源確保のためにタバコの税率が上がるそうですね。


ちょっと複雑な気分です。


と言っても、愛煙家だからではありません。


タバコを吸っている方のお陰で児童手当、と言うのがどうも、、、、。


「住まいと健康」を語っていると、まず何と言っても室内空気を汚染する原因のトップが


「タバコの煙」


と言われています。


厳し〜い話ですが、シックハウスについて詳しいお医者さん(寺澤政彦氏)のご意見を引用すると、


「タバコを吸う人は健康住宅の話をする資格はありません。どんなによい家に住んでも無駄だから」


「家だけじゃなく、住み方が悪い。防虫剤とか畳とかありますが、やっぱりタバコです。」


タバコの煙には何百種類の発ガン物質が入っているかわからない。重金属も入っている。子供に与える影響は計り知れないんです。タバコを吸っている家庭には突然死も多いし、赤ちゃんの突然死も多い。」


 


そんな事もあり、私自身タバコは大嫌いなんである。


 


ところが、今回はタバコを吸ってくれる人のお陰で児童手当がもらえる。


愛煙家に感謝しないといけないの?


禁煙が進むと財源がなくなってくる、、、、ということは、吸ってもらった方がよいって事???


 


う〜ん、でも児童手当がもらえなくても禁煙が進んだ方がいいなあ。


※注意)珪藻土がタバコの臭いを消してくれる、とか火山灰の塗り壁が臭いを、、、、、とか言ってちゃいけません。


原因は元から絶たなきゃダメなんです!


ご意見お待ちしてま〜す。(建築関係者にはイマイチこの話は評判良くないですけど、、、)


 


ご賛同いただける方はクリックしてください。


ご賛同いただけない方は怒りのクリックをお願いします。


人気ブログランキング投票


 

株式会社エアサイクル住建
お問い合わせはこちら
資料請求ははこちら
資料請求はこちら