メニュー

仙台で新築。パッシブデザインってどう?

株式会社 仙台エアサイクル住建
TOP
  • 資料請求
  • お問合せ

外断熱の健康住宅【健=人+建】

仙台で新築。パッシブデザインってどう?

2018年10月02日

「仙台で新築をしたいのですが、パッシブデザインってどうでしょう?」

こういった質問を受けることがあります。

パッシブデザインというのは、断熱を強化した上に、太陽の光による熱や風 といった自然の力を最大限に利用した設計をすることにより、
冷暖房機器の使用を抑え、光熱費をカットし、 二酸化炭素の排出削減もできるようなエコな住宅といわれています。

私たちがお勧めしてきた「パッシブ」エアサイクル住宅も、
機械に頼らずに太陽や風を利用する仕組みですから、概念的には大賛成です。

ただ、どうしても気をつけていただきたいことがあるのです。

パッシブデザインは「エコ」ロジーなんですが・・・

仙台で自然素材を使った注文住宅を建築している地場工務店、
仙台エアサイクル住建の柏倉勉です。                                                      

ここ数年、急速に家の高断熱化が進んでいます。

断熱と同時に気密を強化することで、外からの熱や冷気の侵入を
より防ぐことができるようになり、また中から外へ逃げていく熱や冷気を
より防ぐことができるようになります。            

つまり、そうすることで、家の中の温度がかなりコントロール
しやすくなり、不快指数が急上昇する夏や冬がずいぶんと
過ごしやすくなるというメリットがもたらされます。

それに加えて、太陽熱や風といった自然の力を最大限に利用することで、
冷暖房機器の使用が抑えられ、光熱費が少なくなり、
二酸化炭素の排出も削減できてしまう
「パッシブデザイン」の設計が着目されています。

確かに、このパッシブデザインのセオリーに従って家づくりができれば、
それはとても素晴らしいものなのですが、現実的にはちょっと壁があります。

そう、多くの方にとって経済的に難しいものとなってくるんです・・・

広い土地が必要=土地代が高くなる

まず、土地購入費用がかなり割高になってしまいます。

なぜなら、太陽の日差しを室内にたっぷり取込もうと思えば、
絶対に南の方角には、太陽の日差しを遮るものがないように しなければいけませんし、
できれば東の方向だって障害物がない土地を選んだ方が、
この設計によるメリットを、より活かすことができるようになるからです。

となると、家を建てる敷地は、

南と東に向かって充分なゆとりがあるものでなければいけませんよね?

なんといっても、南における太陽高度というのは、夏はすごく高いものの、
たっぷり日差しを取り入れたい冬はすごく低くなるんです。
(仙台では、夏至が75度ぐらいで冬至が29度ぐらい)

東に関しては、1年を通して変わりなく太陽高度の低い方向ですからね。

その結果、それなりに広い土地を購入せざるを得なくなってきてしまうので、
土地取得費がずいぶんと割高になってしまうわけです。

以前、「仙台では土地が値上がりしている」と書きました。

となると、この設計を最大限に活かした家づくりをしようと思えば、
より家づくりにかかってくる負担が大きくなってしまうようになります。

そうなれば、親御さんからの援助がよほどあるか、
よほど収入が高かったり、半端ない額の貯蓄がある人じゃなければ、
そもそも家を建てること自体が難しくなってしまいます。

仮に、ローンでその不足分をまかなうことができたとしても、
なんらかの形でその負担があなたを苦しめることになってしまうかもしれません。

庭の費用もグッとかかります

土地の面積に連動して、庭の工事費用も高くなってしまいます。

さらに、土地の面積が大きくなれば、固定資産税の負担だって大きくなってくるわけですしね。

また、土地価格が安いエリアであったとしても、
予算やローンへの負担はそれほどまででもなかったとしても、
庭の維持管理も大変な手間と作業になってきます。

自然の力を利用するわけですから、庭にも自然と緑が増えることになりますしね。

では、太陽の日差しを100%確保出来るという点において、
圧倒的な人気を誇る南側道路を購入するとした場合、
このパッシブデザインの設計を活かすことができるようになるでしょうか?

この場合も、小さな面積の土地では、その実現は少々難しくなってしまいます。

なぜなら、南道路の場合、南側の大きな窓の向こうが駐車場スペースとなってしまいます。

となると、駐車場にはコンクリートが打たれ、
その結果、夏の厳しい日差しがコンクリートに照り返されます。
その熱が、ガラス窓を通して家の中に入ってくることになるのです。

ですから、そうならないようにするためにも、
たとえ南道路の土地だったとしても、東西にも、そして南北にも
ゆとりのある少々広めの土地を選ぶようにした方がいいということになります。

そうした方が、南に向かってより多くの部屋をとることが出来ますし、
夏の照り返しを防ぐことが出来るようになりますからね。

となると、やはり土地購入費用は高くなってしまいますよね?

南道路の場合、周囲からの丸見え感も半端ないことから、
その目隠しの意味も込めて、庭の工事費用だって、
余分に予算計上しておく必要があるわけです。
(そもそも常時、窓が開けられるようにしておかないと、
自然の風を室内に取込むことができなくなってしまいますからね)

いずれにせよ、パッシブデザインの設計を
最大限に活かした住まいにしようと思うと、
家だけじゃなく、土地にも庭にもより大きな費用が
かかってくるということなので、
この現実は、しっかり理解しておいていただく必要があるのです。

住宅会社は、家についてはしっかりと説明してくれますが、
土地や庭のことなどについては、大してアドバイスしてくれなかったりしますからね。

現実的な予算でナチュラルな住まいをつくる方法

では、一体どのようにすれば、断熱性能に優れた素晴らしい住まいを
建てつつ、自然の恩恵を受けられるようにできるのでしょうか?

建てた後のくらしだったり、将来にしわ寄せがいかない現実的な予算の中で。

だいぶ長くなってしまいましたので、この方法については次回お伝えしていきたいと思います。

それでは、お楽しみに!

無料で、資料・役立つ小冊子を差し上げます

仙台エアサイクル住建は、自然素材を使った注文住宅の新築と
リフォームを行う会社です。

自然素材を使った注文住宅をお考えの方には、
無料の資料と役立つ小冊子を差し上げています。

 

 

資料・小冊子のご請求は、こちらです。

 

 

 

 

株式会社エアサイクル住建
お問い合わせはこちら
資料請求ははこちら
資料請求はこちら