メニュー

インフルエンザで思い出した室内空気環境のこと

株式会社 仙台エアサイクル住建
TOP
  • 資料請求
  • お問合せ

外断熱の健康住宅【健=人+建】

インフルエンザで思い出した室内空気環境のこと

2019年01月18日

インフルエンザが大流行らしいです。

国立感染症研究所の発表によれば、
今シーズンのこれまでの患者数は推計で
約328万人にもなるそうです。

幸いなことに、私はここ何十年とかかっていません。
(かかった記憶がないです)
といっても予防接種は受けていませんが、、、

あるTV番組で、こまめに水を飲むことが対策になると聞きました。

仮に効果がなくても、損はないのでやってみてはいかがでしょうか?

さて、先日ブログで書いた「土用」
そういえば、昨日から土用なんです。季節の変わり目。
体力が落ちる頃です。
インフルエンザの猛威も関係があるかもしれません。

あまり無理せず、栄養のあるものを摂るようにしてくださいね。

昔の「普通」

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。
心地よく暮らせる家づくりのお手伝いをする地場工務店・
㈱仙台エアサイクル住建の柏倉勉です。

「インフルエンザ」の記事をみて、ある事を思い出しました。

それは、子供たち2人が高熱を出し、病院に連れて行ったときのことです。

あまり薬を多く処方しないお医者さんに診ていただきたく、
自宅からちょっと離れた病院に連れて行ったんです。

その先生には、何度かセミナーで室内空気環境やシックハウスのことで
講演していただいたことがあるのですが、受診したのはその時が初めてでした。

話に聞いていたとおり、病院という感じがあまりしない
昔の「普通」の材料(つまり自然素材)で建てられた病院でした。

当社でも普通に使用している、無垢の木や塗り壁なんですが、
病院という空間では当時珍しく、(古~い診療所とかなら別ですが、、、)
それが心地よかったりもしました。

シックハウスやアレルギーの患者さんも多いので
そのようにしていたようですね。

現代の家づくりは「密閉」

さて、現代の住宅に目を移すと、国が求めているのは
とにかく高断熱に向かっています。

高断熱化は省エネと健康(ヒートショック対策等)推進のために、
大切なことなのですが、それと同等以上に忘れていけないのが
室内の空気環境です。

こちらの対応もしっかりと考えていく必要があります。

内装材選びとお手入れが一層大切

住宅の密閉度が高くなるに伴い、実は体に触れる内装材選びが、
より一層大切になってきます。

建材には、シックハウスの原因物質のひとつである
ホルムアルデヒドの放散値を表す指標があります。

そのうち、F☆☆☆☆という等級の場合、使用制限なしで使えます。
ただ、だから「安全」と言えるわけでは決してありません。

ちなみに、インフルのところで取り上げたお医者さんは、
「数値の○ppmだけを気にしても意味がない。自分の感覚を信じるように」
と仰っていました。

自分がちょっとデリケートな体質だと思えば、
実際に使用するサンプルを手にとって、
においを嗅いで確認してみることが大切なのです。

だって、サンプルの何倍もの量が、自分達の生活空間で使われるわけですから。

また、室内空気を新鮮に保つために、現代の住宅には
24時間の機械換気が義務付けられています。

これも大切なものですが、なによりもきちんと稼動していることが条件です。
生活していると、ついメンテナンスを忘れがちです。
定期的にお掃除をしてくださいね。
(メンテのしやすさを考えれば、シンプルな換気方法がお勧めです)

無料で、資料・役立つ小冊子を差し上げます

仙台エアサイクル住建は、自然素材を使った注文住宅の新築と
リフォームを行う会社です。

自然素材を使った注文住宅をお考えの方には、
無料の資料と役立つ小冊子を差し上げています。

 

資料・小冊子のご請求は、こちらです

 

 

 

当社の関連会社が企画・プロデュースしている、
現代の敷地条件に対応し、シンプルで豊かな家づくりをコンセプトにした
「SIMPLE NOTE」もおススメです。
こちらのサイト(シンプルノート)もご覧になってみてください。

株式会社エアサイクル住建
お問い合わせはこちら
資料請求ははこちら
資料請求はこちら