メニュー

仙台市若林区で構造見学会。会社ごとの特徴は?

株式会社 仙台エアサイクル住建
TOP
  • お問合せ・資料請求
  • 無料相談会予約

「設計と現場日誌」

仙台市若林区で構造見学会。会社ごとの特徴は?

2018年04月06日

こんにちは。代表の柏倉智弘です。

先週の構造見学会。当然これから家をとお考えの方がご来場いただいたのですが、思いがけないお客様が。

現場のお隣にお住まいの方でした。まだ30代かなあとお見かけしました。
「隣の者ですが~。予約しないとみられませんか?」
『いえ、今回は予約なしでOKの見学会ですからどうぞ』
『建物にご興味があるんですか?』とお伺いすると、

「築30年になるんですが、リフォームしたら良いか建て替えしたら良いか考えてまして。」
「こちらの会社の特徴ってどんなことなんですか?」

急に質問を振られるとドギマギしてしまいましたが、こんなことをお話ししました。

『うちの会社は、自然の木無垢の木がいいと思っているんですよ。いま見えている骨組みは宮城県で伐採製材された杉材です。そして体に触れる内装材も自然素材である無垢のフローリングや珪藻土という土、ビニールじゃない布壁紙などを使っています。』
『それから、断熱の方法なんですが、外張り断熱(外断熱)という方法をとっています。断熱材に比べれば木材も熱が逃げていくんですが、骨組みの外側を断熱することでそのロスを減らせるんですよ。』
『充填断熱(内断熱)というのが一般に多く行われていますが、外張りにすることで壁の中に通気をとることで木材の乾燥が保たれて耐久性が上がるという効果もあります。』
(実際はもっと下手くそな説明だったと思いますが、、、、、)

温もりのある家づくりを支える「間取り」の考え方もご説明した方がよかったなあとちょっと後悔。

今月もう一度見学会を計画しています。詳しくは間もなくアップするイベント情報をご確認ください。

株式会社エアサイクル住建
お問い合わせはこちら
無料相談のお問い合わせはこちら
無料相談のお問い合わせはこちら