メニュー

宮城で建築中。外断熱の健康住宅。

株式会社 仙台エアサイクル住建
TOP
  • 資料請求
  • お問合せ

「設計と現場日誌」

宮城で建築中。外断熱の健康住宅。

2019年07月06日

外断熱(外張り断熱)

県北登米市で建築中のお住まいは、外張り断熱施工中。
木材も熱を通しますから骨組みの外からすっぽりと包んでしまう外張り断熱工法は理にかなった工法と言えます。

そして、断熱材の内側ある構造木材を常に流れる空気に触れさせることが出来ます。

 

銀色の部分が断熱材(硬質ウレタンフォーム)

屋根と壁の断熱材を隙間なく施工し、目張りします。

断熱サッシの取付です。

 

四寸角の骨組みと、長期優良住宅認定基準の耐震性能にしています。

 

建築基準法の中間検査でチェックされた構造です。

 

さらにこちらのお住まいでは、当社でも採用実績のあるアバン設計さんの制震装置「ボウシン」を採用しました。

 

株式会社エアサイクル住建
お問い合わせはこちら
資料請求ははこちら
資料請求はこちら