メニュー

バリアフリーの心を持って②

株式会社 仙台エアサイクル住建
TOP
  • 資料請求
  • お問合せ

外断熱の健康住宅【健=人+建】

バリアフリーの心を持って②

2005年05月13日
さて、昨日の続きです。
私がした「大変恥ずかしい思い」についてです。
 
本当は10人くらいで行うとよい実験らしいですが、
スタッフが少ないもので4人で行いました。
 
まず、講師の巴さんから1枚紙をもらいます。
そこにはある動作が書いてあります。
 
その後、巴さんが「はい、○○」といったら
その紙に書いてある動作をします。 
単にこれだけなんですが・・・
 
巴さん「みなさん、考え事をしてください」
みんな:(腕を組んで)「う〜ん、、、、」
私   :スキップランラン
 
巴さん「飛び跳ねてください」
みんな:ジャンプ、ジャンプ
私   :おいおい泣く・・・
 
巴さん「深呼吸をしてください」
みんな:深呼吸
私   :バンザイをして歩き回る
 
こんなことを繰り返しているうちに、汗がタラリ、タラリ、、、
そう、私だけがみんなと違う動作なんです。
 
巴さん「どんな感じでした?」
私  「もの凄く視線を感じました。
    自分が見せ物になったような感じがして・・・」
 
巴さん「そうですよね。最近はだんだん少なくなりましたが、
    身障者をそういう目で見ることってありましたよね。
    私は20歳の時に車椅子生活になったのですが、
    初めて選挙にいったときのことです。 
    投票所で誰に入れようか悩んでいたら
    係の人が近づいてきました。
    そして私の横で言った言葉が・・・」
 
    「字、書けますか?」
 
だったそうです。(ひどい話です)
 
バリアフリー、、、、物理的なバリアだけでなく
心理的なバリアも取り除かなければいけませんよね。 
 
 
人気ブログランキングに登録しています。
おかげさまで最高位を更新しました。
(現在23位) 応援お願いします。
(ありがとうございます)
株式会社エアサイクル住建
お問い合わせはこちら
資料請求ははこちら
資料請求はこちら