メニュー

どんなに断熱を強化しても温度差ができる家

株式会社 仙台エアサイクル住建
TOP
  • 資料請求
  • お問合せ

外断熱の健康住宅【健=人+建】

どんなに断熱を強化しても温度差ができる家

2019年02月03日

今日は、午前午後ともに打合せでした。

どちらのご家族も資金計画から土地探しの段階。

 なかなか予算と希望場所とがマッチしませんね。

 この辺りが難しいところです。

断熱の目的って?

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。
心地よく暮らせる家づくりをお手伝いする地場工務店・
㈱仙台エアサイクル住建の柏倉勉です。

さて、これからマイホームを!と考えた場合、
いくつかの選択肢がありますよね?

戸建てだけに限っても、
新築注文住宅、新築分譲住宅、中古住宅の3つがあります。

中古住宅に関しては、リフォーム済み、未リフォーム、
最近ではリノベ済みということも。

そして、リノベ済みであれば、断熱までしっかりしている
ケースもあります。

しかし、どんなに断熱を強化しても、盲点はあるものです。

断熱をする目的は、省エネになるということもありますが、
大切な目的のひとつに、暖かい家にすることで温度差をなくし、
冬期にヒートショックなどが起きないように、
体の負担を軽減することがありますよね?

そして、多くの住宅会社では、性能が高い断熱材を使ったり、
厚みを増したり、高性能なサッシやガラスを使ったりします。

間違いなく断熱の水準は上がっていることでしょう。

断熱レベルを示すUA値だって、
計算上はグッとレベルが上がっていることでしょう。

その努力は半減していないか?

ところが、実際の家ではその断熱の効果が半減していることがあります。

「施工精度ですか?」

残念、違います。

施工精度ももちろん大切ですが、それがしっかりしていたら尚更
もったいないことがあるのです。

注文住宅でも、分譲住宅でも、中古住宅でも
これはありえます。

「間取り」

しかも一部。ただそれだけで、もったいない断熱になってしまいます。

今日の打合せでもお話したんですが、
冬に窓を開けっぱなしにする人はいませんよね?

でもね、玄関は開けっ放しにする事があるんです。

あなたの家に宅配便は届きませんか?
ピザなどの宅配を頼むことはないでしょうか?

すると、彼らは玄関を開けっ放しで、荷物や商品を渡しますよね?

玄関は開けっぱなし。

当然そこから冷気が一気に侵入します。

もし、玄関の上に吹き抜けがあったら?

2階まで冷気が侵入します。

玄関と廊下がつながっていたら?

廊下も冷えひえです。

もちろん、断熱レベルが非常に高ければ、
あまり時間をおかずに温度は回復しますが、
たった一つの工夫で、こういった事態を回避することができます。

それは、

玄関・ホールに建具をつけて、内部の空間と区画すること。

非常に簡単なことです。

でも、多くの住宅で実施されていません。

残念です。 たったこれだけで違うのにね、、、。

既成概念に凝り固まって、もったいない部分って
住宅にはまだまだあるんですよね。

そのうち、少しずつお話してみたいと思います。

無料で、資料・役立つ小冊子を差し上げます

仙台エアサイクル住建は、自然素材を使った注文住宅の新築と
リフォームを行う会社です。

自然素材を使った注文住宅をお考えの方には、
無料の資料と役立つ小冊子を差し上げています。

 

資料・小冊子のご請求は、こちらです

 

 

 

当社の関連会社が企画・プロデュースしている、
現代の敷地条件に対応し、シンプルで豊かな家づくりをコンセプトにした
「SIMPLE NOTE」もおススメです。
こちらのサイト(シンプルノート)もご覧になってみてください。

 

株式会社エアサイクル住建
お問い合わせはこちら
資料請求ははこちら
資料請求はこちら