メニュー

大屋根葺きおろし。庭がとれない敷地で開放的な空間を。仙台市若林区 S様邸

株式会社 仙台エアサイクル住建
TOP
  • 資料請求
  • お問合せ

新築施工事例

大屋根葺きおろし。庭がとれない敷地で開放的な空間を。仙台市若林区 S様邸

新築概要
  • 【住所】仙台市若林区
  • 【工期】6ヶ月
  • 【工事内容】
    木造二階建て

家づくりへの思い

「ほぼ平屋の1.5階建て」というご要望でした。

庭がとれない敷地で明るさを得るために、天窓(トップライト)と高窓(ハイサイドライト)を活用しました。

吹抜、というより天井全体を勾配屋根の下まで持ち上げています。とても開放的。

水回り動線に工夫があります。一階寝室からWIC、洗濯物乾燥室、脱衣室トイレ、浴室へと続くプライベート動線を確保

脱衣室からみて手前が洗濯物乾燥室、奥がWICと寝室です。

吹抜から続く階段。

二階に和室があり、吹抜を通じて一階LDKと繋がります。

プライベートトイレとは別に、LDKから通じるゲスト用トイレがあります。手洗いスペースを間に挟んで音を軽減します。

家具が入ったご入居後に訪問しました。

お客様との出会い

平成元年に建て替えをさせていただいたお客様の息子様宅です。

私道の行き止まりの敷地でしたが、この敷地を分割して今回の建築用地としました。
今回は土地の分筆まではせず、「敷地分割」という方法をとりました。
親世帯の敷地と子世帯の敷地で、おのおの建ぺい率や容積率、斜線制限、接道などの建築基準法上の基準を満たすようにして建築確認を取る方法です。

この場合、融資をうけるために土地にも抵当権を設定しなければならないのですが、分筆していない場合親世帯の敷地にも抵当権が設定されます。

親御さんのお家の奥に、家を建てられるくらいの敷地があるとしても接道がうまくとれるかが問題になるケースはありますが、今回は逆に道路に近い方が空いていたため接道は取りやすかったです。

株式会社エアサイクル住建
0223741839
資料請求ははこちら
資料請求はこちら