メニュー

毎日耐えている屋根外壁をリフレッシュ。仙台市青葉区荒巻O様

株式会社 仙台エアサイクル住建
TOP
  • お問合せ・資料請求
  • 無料相談会予約

リフォーム施工事例

毎日耐えている屋根外壁をリフレッシュ。仙台市青葉区荒巻O様

リフォーム概要
  • 【住所】仙台市青葉区
  • 【工期】2017年10月
  • 【リフォーム内容】
    外壁の塗装・屋根の葺き替え

家づくりへの思い

昨年、当社で建築していただいたお客様にご案内を出しました。
築15年以上経過しているけれど、まだ外装のメンテナンス工事を行っていないかたが対象です。
 
そのときお客様に言われた一言
「壁とか屋根に塗り替えが必要だなんて思わなかった、、、」
外部は毎日雨風にさらされ、強い日差しにも耐えています。

リフォーム施工前

JR仙山線国見駅から徒歩圏内の立地です。しかしながら周囲は「森」と呼べるような緑の多い環境。冬になると落ち葉が飛んでくるそうです。工事中に足場を掛けたのですが、「せっかくだから雨樋の落ち葉を掃除して~」とお願いされてしまいました。下から見ただけでも、屋根材のコロニアルの傷みが分かります。このくらい劣化が進んでしまうと塗装では対応できません。今回はコロニアル屋根の上から板金屋根をかぶせる「カバー工法」をご提案しました。

こちらの写真は、今回の現場ではないのですが軒先の劣化具合がよく分かる写真です。軒先には雨水が残りやすいので藻が着いたり色あせが早かったりします。

外壁はモルタル壁でした。外壁は掃き出しサッシ角にひび割れが入ることが多いです。

リフォーム施工中

始めに行う作業が高圧洗浄機を使っての水洗い工程。今回のメインは屋根工事ですね。

この写真は別の現場のものです。高圧洗浄をしても通常は表面の汚れをとるだけですが今回は塗膜の劣化が著しく基材が白く現れてくるほどでした。

屋根と同時に壁も水洗い。葺き替えた屋根を汚さないように、塗装工程を先に行います。ひび割れ(クラック)補修もやりながら下塗→中塗り→上塗りと3工程を進めていきます。

外壁に使った塗料。現在ポピュラーになっている「シリコン樹脂塗料」を採用しました。

塗装終了後、屋根の葺き替えです。葺き替えと言っても現在の屋根材は撤去せず上からかぶせていく工法「カバールーフ工事」です。工事中の雨を気にせず行えますし廃棄物を出さないので費用的にもメリットがあります。

2カ所付いていた天窓。雨仕舞いの板金加工を施して納めます。

リフォーム施工後

新築当時はブルーだった外壁。今回は近隣と調和しやすいアイボリー系の色にしました。

屋根の色は、見本帳の中から第一印象がよかった濃いブルー。

カバー工法の屋根もキレイに納まりました。

担当者から一言

以前は標準仕様としていた「コロニアル屋根」。
塗膜の劣化が進みすぎると塗装工事では対応できなくなります。基材が水を吸ってしまうくらい塗膜が劣化すると凍害(しみこんだ水が凍ることで、基材そのものがボロボロになっていく現象)を起こすからです。
ですから、塗膜を守るための定期的塗装が必要となります。
 
そんなこともあって、現在当社の屋根仕様の標準は「ガルバリウム鋼板」になっています。
ガルバの場合、表面の塗膜に色あせなど劣化が起きても原板のガルバリウム合金はアルミが配合されているため非常にさびにくくできています。

株式会社エアサイクル住建
お問い合わせはこちら
無料相談のお問い合わせはこちら
無料相談のお問い合わせはこちら