メニュー

週末は家づくりセミナー

株式会社 仙台エアサイクル住建
TOP
  • 資料請求
  • お問合せ

外断熱の健康住宅【健=人+建】

週末は家づくりセミナー

2019年01月23日

本日、私は定休日。

テニスでは大坂なおみ選手が準決勝に進出。
1セット目にお互いブレイクが続いたので、
果たしてどう展開するかと思っていましたが、
結果は快勝。すごいですね。
この勢いでさらに上へと進んでほしいです。

週末は家づくりセミナーです

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。
心地よく暮らせる家づくりのお手伝いをする地場工務店・
(株)仙台エアサイクル住建の柏倉勉です。

今週末は、クリナップショールームで家づくりセミナーです。
会場の都合で限定7組様となっておりますが、ほぼ満席。
新しい価値感を得られるのではないかと思います。

一例をあげると、資金計画のこと。

現在、なんの疑いもなく35年もの住宅ローンを組んでいますよね。
聞くところによれば、それより長く40年のローンを勧められることもあるそうです。
メリットは、毎月の支払いが少なく済み、
より満足のいく家づくりのためにお金をかけられるから、、、とか。

マジ?と思ってしまいます。
(もっぱらハウスメーカーが勧めるようですが)

さらに、それが変動金利だったりします。

変動金利は、現在が低金利ですから最初は返済額が少なく済みます。
そして借りられる金額も増えます。
だから売る方は変動金利に誘導する方が都合がいいんです。
※経済的にゆとりがあったり、返済年数が少ない方は
 変動がいい場合もあります。

ただ、35年とか40年とかのローンを組むにあたっては、
リスクが大きすぎると私は思います。

今から30年前、どのような時代だったでしょう?

バブル期です。住宅金融公庫の金利は5〜6%でした。
現在のフラット35は1.3%位です。

金利の重さ

この金利の違いが、どれだけ大きいか試算してみます。
<30年ローンで、2000万円借りた場合>

5%:総返済額約3865万円、1.3%:約2416万円

同じ金額を借りても1450万円近く返済額が変わります。

実際にこの30年で、金利がこれだけ変わりました。
今の状況だけで、安易に借りすぎるって怖いんですよ。

家の建て方も見直すべき?

家を建てるなら、誰もが明るくて、風通しが良くて、冬暖かくて
夏涼しい家のほうがいいですよね?

そのために、南側に大きな窓をつけて・・・

というのがこれまでの当たり前。

でも、敷地条件や周辺状況によって、それが仇となる場合もでてきます。

家に対する考え方は一律ではありません。

そうした「目からウロコ」のような情報も盛り沢山で
ご提供したいと思います。

セミナーに参加できず、個別に聞きたい方は、仰ってくださいね。

無料で、資料・役立つ小冊子を差し上げます

仙台エアサイクル住建は、自然素材を使った注文住宅の新築と
リフォームを行う会社です。
自然素材を使った注文住宅をお考えの方には、
無料の資料と役立つ小冊子を差し上げています。

資料・小冊子のご請求は、こちらです

 

当社の関連会社が企画・プロデュースしている、
現代の敷地条件に対応し、シンプルで豊かな家づくりをコンセプトにした
「SIMPLE NOTE」もおススメです。
こちらのサイト(シンプルノート)もご覧になってみてください。

株式会社エアサイクル住建
お問い合わせはこちら
資料請求ははこちら
資料請求はこちら