メニュー

15年目の増築工事 多賀城市中央I様

株式会社 仙台エアサイクル住建
TOP
お問合せ

リフォーム施工事例

15年目の増築工事 多賀城市中央I様

リフォーム概要
  • 【住所】多賀城市中央
  • 【リフォーム内容】
    新しい家族のための増築

家づくりへの思い

2002年にこの地に新築なさったお客様です。
奥様は匂いにとても敏感な方で、新築住宅の竣工時には揮発物質の検査(VOC検査)を依頼なさったほどでした。
近くの小児科さんにお勤めで、そちらの先生からシックハウス症候群についての情報も得ていらっしゃいました。
お子様達は三姉妹でしたが、順次家を巣立っていきました。
 
ところが今回、娘さんが新しいご家族を連れてご同居することになり、敷地の南側に増築を計画しました。

リフォーム施工前

15年前に竣工した当時の完成外観です。リビングダイニングの前に設置したウッドデッキは、今回の工事で残念ながら取り壊し。同じ大きさ(約3帖)のサンルームが設置されます。

15年の歳月は庭の樹木を大きく育てました。(笑) まずは木の伐採・伐根、整地から工事スタートです。写真を見せられないのが残念ですが木の根っこってすごいですね。

掘削の他の機械(バックフォー)が狭くて入れないので、基礎はすべて手作業。しかも大小の石がゴロゴロ出てくるので掘りにくい!現在の新築住宅の基礎はベタ基礎を採用していますが、今回は布基礎。

敷地はベタ基礎にしなくても地耐力は問題ありませんでした。残土処理を節約することもできました。基礎工事が完成しました。約10帖の寝室と4帖のロフトを建てていきます。

リフォーム施工中

構造材は当社でストックしていた杉材です。

大和町小野にある当社資材置き場で墨付けと刻みを行いました。

棟上げです。小さい工事ですが、片流れの屋根は高さがありますので足場をかけての作業です。

外壁工事。既存の色とあまり差をつけないようにと既存と同程度の濃さで、淡いベージュ色を採用しました。一つの考え方ですが、こういう場合あえて濃いめの外壁にして離れであることを強調しても面白いと思います。

大工工事が完了。普通なら梯子で上り下りするロフトへは、檜の無垢材を加工したストリップ階段を設置しています。

内装、塗装工事です。木材の匂いに敏感な奥様に配慮し匂いを封じ込める塗料を使いました。

リフォーム施工後

完成外観です。増築部分の軒先に、サンルームがぴったりと納まってくれました。サンルームは主に物干し場として活躍します。

杉の無垢フローリングを採用。勾配天井にはシーリングファン。

ロフトから見下ろしたところです。

ロフトへ昇る固定階段。小窓は南側に面しているのですが、1mほど高い隣地に面しているため視線隠しのためにあえて高い位置に設置しています。

お客様との出会い

当社で建築、リフォームしていただいたお客様が会員の親睦団体「PAC友の会」というものがあります。
毎年10月末に、日帰りの親睦旅行を行っているのですが、ご主人はこの小旅行の常連さん。
 
9月頃に「増築を考えているんだけど。」とご連絡をいただきました。
土木工事の技術者でもあるご主人は、ご自身で大まかな間取りを考えてらしゃいました。
工事見積と同時に、建築基準法への適合チェックと建築確認申請を行い工事をスタートさせていただきました。

担当者から一言

15年の月日は、庭の樹木を大きくしていました。
伐採、伐根から基礎工事を始め、年末にお引き渡しすることができました。

片流れの屋根の下に、勾配天井とロフトがありおおらかな空間ができました。
ロフトは梯子ではなく、固定階段を設置して上り下りができます。
 
増築とは言っても、離れ的な計画で既存部分をあまり壊すことなく接続する計画でしたので
雨仕舞いについても安心できるかと思っています。

子供さんとお孫さんが健やかに成長していただければと念じております。

株式会社エアサイクル住建
お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら